27日から国連本部で核兵器禁止条約交渉会議が、始まっています。核保有国が参加していない会議ですが、核兵器の非人道性を明らかにし、核兵器を「禁止」することが、世界の圧倒的多数の国と地域が参加して論議されています。被爆国日本は、「核保有国が参加しない形で条約を作ることは国際社会の分断を一層強め、核兵器のない世界を遠ざける」と不参加を表明しています。核兵器禁止、核兵器廃絶の先頭に立つべき国が、理由はどうあれ、核兵器について話し合う会議に参加しないことに怒りを感じます。

現在すすめられている、「ヒバクシャ国際署名」を広げて、世界の世論として、核兵器禁止の条約の成立をめざしましょう。

コメント

コメントの投稿