森友学園が経営する幼稚園での教育勅語の暗唱が話題になって以降、教育勅語が話題になっています。国会周辺の発言を拾ってみると

3月8日 稲田防衛大臣「教育勅語の精神である親孝行など、核の部分は取り戻すべきだと考えており、道義国家を目指すべきだという考えに変わりはない」

3月31日、安倍内閣の閣議決定、教育勅語は「憲法や教育基本法に反しないような形で教材として用いることまでは否定されることではない」

4月3日、菅官房長官「教材として使用することは否定されない」

4月4日、松野文部科学大臣「道徳を教えるために教育勅語のこの部分を使ってはいけないと私が申し上げるべきではない」

4月7日、義家文部科学副大臣、「毎朝の朝礼で教育勅語を朗唱することは問題ある行為か」と問われて、「教育基本法に反しない限り、問題のない行為であろうと考える」

と並びます。教育勅語を学校現場で扱うことを「否定しない」「問題ない」とのメッセージが発せられています。日本を戦争に駆りたて、教え子を戦場に送った戦前の教育の大切な部分になった教育勅語を、学校現場に再登場させてはいけません。

教育勅語の高橋源一郎さんの現代語訳を見つけました。「高橋源一郎 教育勅語」で検索するとすぐ出てきます。
1度、目を通すと、先に紹介した発言が、さらに恐ろしく感じます。

コメント

コメントの投稿