共謀罪法案の審議が参議院で始まりました。

5月29日の早朝にも憲法アクションを中心とする市民と野党で、共謀罪の廃案を目指す行動が行われました。

共謀罪がない現状でも、監視カメラが設置されたり、職員の立ち会いなしに電話の内容を盗聴できたり、取り調べの中で関係する人のプライベートを聞いたりということが行われていることは「共謀罪」で検索をかけるといっぱい出てきます。さらに、話し合って、準備につながる段階で有罪にできる共謀罪ができれば、警察の動きは今まで以上のものになってしまうでしょう。

戦前の治安維持法でたくさんの先生方が牢屋に入れられました。自由に絵を描かせたり、生活をそのままに作文に書かせた先生方です。同じ道を歩むわけにはいきません。

必ず廃案に。

コメント

コメントの投稿