加計学園をめぐって、前川・前文部科学事務次官の発言が注目されています。今度は、和泉・首相補佐官と首相官邸で複数回面会し、「総理は自分の口から言えないから、私が代わって言う」と言われたというものです。これに対して、菅・官房長官は記者会見で、前川氏の証言を調査しない理由について、「前川さんが勝手に言っていることに、いちいち政府として答えることはない」と述べた。と報道されています。

「総理の意向」などと書かれた文書は本物だといい。総理の代わりに補佐官が来たなど、実に具体的な話になってきています。「勝手にいっていることで」首相や政府の信頼が揺らいでいるのだから、国会の場で、明らかにすれば、みんなが納得するはずなのに、それをしない。裏に何かがあるとしか思えない対応です。

森友学園、加計学園の問題をうやむやで終わらせない。共謀罪の危険性を明らかにし廃案に追い込む。

コメント

コメントの投稿