加計学園の問題で、文部科学省の前川前事務次官や官邸の和泉総理補佐官、文科省OBで加計学園の木曽理事らの国会招致を野党が求めていますが、安倍内閣は拒否を続けています。新たに、メールで回していたということが明らかになり、文書を作ったと思われる人物まで判明しているのに、再調査はしない。国会終了まで、こうした態度で、逃げ切ろうというのでしょうか。
 メールの件は、おそらく、文科省の中の誰かが、真実を明らかにしてくれと、出してきたものではないでしょうか。
 だます、はぐらかす、つごうがわるいものはかくす、という一連の動きが、ここでも表れてきています。

 教育に関わる文科大臣が、真実を明らかにしないのでは、子どもたちにも、悪影響があるでしょう。真実を明らかに!

コメント

コメントの投稿