国連で行われている核兵器禁止条約の交渉で、最終的な条約案がまとまったようです。その中で「ヒバクシャの受け入れがたい苦痛を心に留める」との文言が入ることが決まったとの報道がありました。
核兵器に関わることを禁止する。抑止力にすることさえ禁止する画期的な条約になりそうです。

そうした場に、被爆国である日本政府の代表がいないことに怒りを覚えます。

核兵器廃絶への大きな動きとして、歓迎します。

コメント

コメントの投稿