高江ヘリパッド:機動隊が座り込み排除、砂など搬入
2017年7月4日 12:00 沖縄タイムス+プラス ニュース


国の特別天然記念物ノグチゲラなどの営巣期間が終了し、高江でのヘリパッド工事が再開されています。沖縄以外では、ほとんど報道されることがなくなり、完成してしまっているような印象の方もいるのでしょうが、工事は続いており、沖縄の貴重な自然が壊され続けています。高江と辺野古たたかいはまだまだ続いています。

高知県で「標的の島 風かたか」の上映の準備が進められています。7月25日の18:15からメフィストフェレスで試写会が行われます。三上智恵監督の作品であり、昨年ゆいま~るで聞いた話とつながる映画でもあります。高知の青年にもたくさん見に行ってほしいものです。

コメント

コメントの投稿