稲田朋美防衛相辞任

日報問題であれだけ、ボロが出れば辞めるのは当然でしょうが、肝心の隠蔽への関与はどうなったのでしょうか。特別防衛監察の結果・概要(毎日新聞)を読んでいくと、

「陸自における日報データの存在について何らかの発言があった可能性は否定できないものの、データの存在を示す書面を用いた報告がなされた事実や、非公表の了承を求める報告がなされた事実はなかった。防衛相により公表の是非に関する何らかの方針の決定や了承がなされた事実もなかった。」

というところがありました。「事実は無い」と結論づけていますが「可能性は否定できないが」の部分で、何かを隠しているとしか思えない表現です。一部報道にある「明日、何て答えよう」のメモなど生々しい情報もあります。辞任したから終わりではすまされません。

コメント

コメントの投稿