タイムカードで時間意識を=教員働き方改革で緊急提言―中教審部会
8/29(火) 19:21配信 時事通信

 等、の記事が紹介されています。教職員の長時間労働が話題に上り始め、やっと動き出したという感じです。これまでも何度か、勤務時間を管理職が把握するようにとの通知は出されていたのですが、学校現場、特に小中学校では放置されていました。その結果、長時間過密労働が進み、授業の準備をする時間を減らさなければならないほどに追い込まれています。
 今回の緊急提言で、学校現場がどれだけ動くかは分かりませんが、少なくても、過労死ラインを超した働き方がなくなるようにしなければなりません。そのためには、教職員の数を正規で増やすことが、一番重要だと考えます。責任を持って、授業や指導に当たれる人が増えないと、連絡調整の時間が増えたり、新たな確認や指示が増えたりして、結局勤務時間増が発生してしまいます。

正規の教職員の増加を。

コメント

コメントの投稿