総選挙に向けての動きが、バタバタしている。そんな中、JIJI.COMの記事の中にあった、言葉が分かりやすいと感じた。それは、

「自民党の石破茂元幹事長は1日、秋田市で講演し、小池百合子東京都知事が希望の党を結成したことに関し、「保守二大政党ができることはいいことだ。もう一つの現実的な保守政党、ライバルがあって初めて自民党にも緊張感が生まれる」と述べた。」
「石破氏は、小池氏が閣僚や自民党総務会長などを歴任したことに触れ、「基本的に考え方に差はないと思う」と指摘。」

というものだ。マスコミでは、自民VS希望かのように報道されているが、どちらを選んでも「差はない」のである。

私たちが運動してきた、戦争法廃止、共謀罪廃止、立憲主義を取り戻せなどの国民を守る為の政治を実現する為に、正しい選択をしなければならない。

コメント

コメントの投稿