FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教員の働き方改革「中教審は抜本的な改革について議論を」現役教員が「緊急提言」
11/6(月) 16:48配信 弁護士ドットコム

という記事を見つけました。

「中央教育審議会(中教審)の特別部会で、学校における働き方改革について議論が進んでいる。そんな中、この特別部会に現場で働く教員のリアルな声を伝えようと現職教員らが「現職審議会」を立ち上げ、11月6日に東京都内で記者会見を開いて中教審への「緊急提言」を行った。」

緊急提言は、
1、給特法の改正

2、過熱した部活動の改革

3、授業準備の時間や休憩時間の確保

4、児童生徒の在校時間を勤務時間に収める

5、違法な労働実態を取り締まる専門機関の設置

となっています。

 県教組でも、来週から、県教委とのやりとりが始まります。そこでの重点課題も、教職員の長時間過密労働の改善になります。現在、資料作成中。中教審の「緊急提言」や今までの文科省が言ってきたこと、県教委が言ってきたこと、これらが実現していたら、教職員の勤務時間の把握はできていたはずだし、勤務時間も、今よりは短くなっていたはずです。今度こそ「言いっ放しにさせない」事も大切だと考えています。

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。