FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年12月13日 名護市安部 MV22オスプレイ 墜落

12月19日には飛行を再開しています。原因も明らかにされず、米軍発表を鵜呑みにしての飛行再開でした。その後の、米海兵隊機事故が赤旗にまとめられていました、日付順に並べると

2017年1月20日  伊計島          AH1Z攻撃ヘリ   不時着
2017年6月1日   久米島空港       CH53E大型ヘリ  不時着
2017年6月6日   伊江島補助飛行場   MV22オスプレイ 不時着
2017年9月29日  石垣島・新石垣空港  MV22オスプレイ  2機不時着
2017年10月11日 東村高江         CH53E大型ヘリ  不時着・炎上
2017年12月7日  宜野湾市の保育園   CH53E大型ヘリ  部品落下
2017年12月13日 普天間第二小学校   CH53E大型ヘリ  窓落下
2018年1月6日   伊計島          UH1Y汎用ヘリ    不時着
2018年1月8日   読谷村の最終処分場 AH1Z攻撃ヘリ    不時着

まさに異常事態です。
沖縄に行った青年が
「しょっちゅう空からヘリや戦闘機の音がする。私たちはその度に見上げるけど、現地の人は、反応しない。それほど、日常生活の中の音になってしまっていることに驚いた」
と話していました。でも、これだけ、ものが落ちてきたり不時着するのでは、安心して生活できるものではありません。アメリカ本土では住宅地の上を飛ぶことはないそうです。日本だから、平気で飛んでいるのです。
沖縄に、いえ日本に米軍基地がある限り、こうした危険は無くなりません。

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。