FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教科免許ない授業、運用指針作成へ 文科省が検討
1/16(火) 7:14配信 朝日新聞デジタル

 中学校、高校で、免許を持ってない教科の授業を行う場合、臨時に免許を発行して、教えることを許可する制度は以前からあった。私たちは、「無免許運転だ」「普通免許で大型バスを運転するようなものだ」と免許を有した「先生」を配置することを求めてきた。
 その、ガイドラインがやっと作られるのだという。今までなかったことに驚き、各県で独自の判断で行われていたことに驚く。
 今年の高知県では、小学校に中学校の免許の方が多数着任している。音楽専科をしている幼稚園免許の人もいる。臨時教員不足の中で、県教委なりの判断での配置であろうが、発達段階の違う子どもたちに接するのは、教科の違いとはまた違った意味合いが有る。
 いつでも、専門家が子どもたちの前に立てる制度をつくっていかないとこれから先ますます大変になっていくだろう。安易に免許外を教えることが出来る制度にならないことを望む。

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。